病気にすぐ気づく|人間ドックで健康をキープ

ナース

女性特有のがん

相談

乳がんは多くの女性が発症している病の一つとなっており、症状がほとんどないので気づかない人は少なくありません。そのため乳がん検診を受けることが良く、検診を受けることによってすぐに気づくことが出来るでしょう。乳がん検診を受ける際ですが、最初に問診が行なわれます。乳がん検診の問診では、初めて乳がん検診を受けるのかの確認や家族でがんを発症した人がいるのか、また生理や妊娠など体について確認されます。問診だけでは乳がんの発症などはわからないので、問診が終わった後に乳がん検診が行なわれていきます。検診では触診でしこりがないか確認をしてもらうのですが、小さいしこりは触診では気づかないものです。また、乳がんではない可能性もあるのでマンモグラフィ検査が行なわれます。マンモグラフィ検査は若い人ではわかりにくいと言われており、なぜなら若い女性の場合は乳腺密度が高いからと言えます。若い人の場合、超音波検査などもあるので乳がん検診の際にはどういった治療が行なわれているのかも確認しておくと良いでしょう。

乳がんを発症してしまった場合には手術などで治療することが出来るのですが、進行していると乳房摘出を選択しなければならないこともあります。また、がんが転移している場合もステージ0期であっても摘出を勧められることがあるので早期発見が大事だといえるでしょう。最近は乳がんを発症したら全摘出を希望する人も増えており、その理由としては乳房再建を行ないやすくなっているからだと考えられます。転移を防ぐことも出来ますし、胸を失っても乳房再建手術で取り戻すことが可能です。ですが、やはり自身の胸を失いたくない人がほとんどなので摘出になる前に乳がん検診を受けて早めに気づき、治療を行なっていった方が良いと考えられます。