病気にすぐ気づく|人間ドックで健康をキープ

ナース

治療方法を知る

ナース

肺腺がんを患ってしまった場合、早めに治療をしていかなければなりません。がんは放置していても治るわけではなく、また病気が進行してしまうと症状が苦しくなっていってしまう他にもがんは転移してしまう可能性が高いのでしっかりと治療をしていきましょう。もし肺腺がんを患ってしまった場合、病院に行って治療をするのですがステージ1期や2期の場合はがんの部分を摘出手術することで治療することが可能です。しかし、気づかないうちに転移している危険性もあるので手術のみならず、抗がん剤治療なども行なっていきます。ステージ3期や4期になってくると肺腺がんは進行しており、すぐに手術というわけではなく小さくしてから手術になります。ですから、ステージ2期までもっていくために抗がん剤治療、免疫療法などを行なった上で手術になるでしょう。

ステージ3期や4期の場合、手術をしたところで失敗してしまう確率が高いため、そのリスクを回避する方法として免疫療法がとられています。免疫療法とは自然治癒力を高める方法であり、実は私たち人間の体内には数多くのがん細胞が存在しています。がん細胞が多くなってしまったり、強くなってしまったりすると肺腺がんなどのがんを発症してしまうことになります。免疫機能を高める働きが免疫療法となっており、人工的に行なうことでがん細胞を弱くしていくことが可能です。ステージ3期や4期の場合、このように免疫機能を高めてから手術が行なわれるのでがんを根治することが出来ます。